埼玉県の夫婦で入れる老人ホーム一覧

埼玉県の夫婦で入れる老人ホーム一覧

埼玉県の夫婦で入れる老人ホーム、介護施設一覧
夫婦で入れる介護施設一覧へ

 

Q:埼玉県で老人ホームに夫婦で入ろうと思います。
そこで気になったのは有料老人ホームについて調べてるとナーシングホームという施設がでてきました。
ナーシングホームってどういうサービスの施設ですか? 介護保険は適用されますか?
(埼玉県 所沢市 )

 

 

A:ナーシングホーム(Nursing home)は欧米諸国で発展している介護施設のことで、日本ではまだ明確な定義がありません。

 

福祉と医療が一緒になり、一つの施設内にて介護と医療両方のサービスを必要とする高齢者に対し提供される場所です。

 

 

多くのナーシングホームがあり入居者も多いアメリカでは、2つのタイプがあります。

 

介護の必要性がまだ軽度な方には「援助型ホーム」、重度で専門的な治療が必要な方には「看護型ホーム」です。

 

 

日本国内でナーシングホームというと、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設、療養病棟などにあたります。

 

 

 

・介護保険の適用

 

介護施設の名称に「ナーシングホーム」とついているところを探してみたところ、介護老人保健施設が多いようでした。

 

介護老人保健施設でしたら、介護保険は適用されます。

 

 

 

・介護保険サービスを受けるには

介護保険サービスを受けるには、まず市区町村の介護保険課の窓口などに申請を行います。

 

「支援や介護が必要な人である」と要介護(要支援)の認定を受けた場合にのみ、サービスが受けられるようになります。

 

 

市区町村の職員または委託事業所から、調査員が訪問に行きます。

 

健康状態の判定をするために、主治医へと市区町村から意見書の記載依頼がいきます。

 

訪問調査と主治医から提出された意見書を踏まえた上で、介護認定審査会が開かれます。

 

福祉や医療、保険の各専門家が集まってできた介護認定審査会によって、要介護状態区分の判定が行われます。

 

 

支援も介護も不要で、自立していると判定された方は非該当。

 

予防となる対策を取るべきだと判定された方は、要支援1から2。

 

介護が必要だと判定された方は、要介護1から5。

 

判定されるまでの期間は、申請をだしてから30日以内です。

 

なんらかの理由で判定をだすまで時間がかかるときは、遅延の通知が届きます。

 

 

要支援もしくは要介護の認定を受けた場合、ケアプランを作成します。

 

要介護1〜5の認定を受けた場合、介護施設に入居するケースと、自宅で介護サービスを利用するケースとで作成するケアプランが異なります。

 

 

平成27年4月から、介護施設の中でも特別養護老人ホームに入る方は、要介護3から5の高齢者が対象に変わりました。

 

施設に入居される方は、ケアプランを施設と一緒に作ります。

 

自宅で介護サービスを利用する方は、居宅介護支援事業所と契約を行いますので、そこのケアマネージャーと一緒にケアプランを作ります。

 

 

いずれの場合も、ケアプランに従って介護サービスを利用することになるのは同じです。