要支援や要介護度とはどのように決まるの?

要支援や要介護度とはどのように決まるの?

 

Q:要支援や要介護度とはどのように決まるものなんでしょうか?

 

夫婦で入れる介護施設一覧へ

 

A:要支援や要介護度は自分で決められるものではありません。

 

介護保険サービスを利用したいと考えた場合は、はじめに認定調査というものを受けなければなりません。

 

行政から派遣されてくる認定調査員によって、色々な動作確認や情報収集が行われます。
たくさんの項目によってコンピューター判定がされます。

 

コンピューターで処理するのは公平な判定が出るようにするためです。
そのコンピューター判定をもとに、介護認定審査会というものが開かれ、最終的な要介護度が決定されます。

 

コンピューターでの判定を一次判定と呼び、認定審査会での決定を二次判定と呼びます。
二次判定では主治医の意見書や、様々な特記事項が考慮されますので、より現実に即した判定がされるようになります。

 

このようにして最終的な介護度が決定され、本人に通知されます。

 

要支援は1か2、要介護は1から5までにレベル分けされますが、数字が大きいほうが支援が必要とされるレベルです。

 

 

・要介護度、要支援度によって使えるサービスが異なる

 

要介護度が高くなるにつれて、介護保険サービスをたくさん使えるようになります。

 

介護度が低いのにもかかわらず、たくさんの介護保険サービスを利用しようとすると、自己負担額が増えて経済的に圧迫されることになります。

 

福祉用具貸与などのサービスに関しては、要介護度が低いとレンタルすることができない商品もあります。

 

要介護度によってサービスの内容が異なってきますので、介護認定は非常に重要なプロセスです。

 

 

・サービスのプランについては、ケアマネージャーに相談

 

ケアマネージャーは介護保険を利用していろいろなプランを組んでくれるので、利用したいサービスについて相談することができます。

 

介護保険を初めて利用したいと考えた時にも、ケアマネージャーに相談すると、どのように申請することができるのか教えてもらえます。

 

実際に申し込みについての相談も受け付けてくれますし、緊急時にも駆けつけてくれます。

 

介護保険は非常に複雑なシステムになっていますので、ケアマネージャーに相談してどのようなサービスがあるのか説明してもらいましょう。

 

 

夫婦で入れる介護施設一覧へ