一時入居金が「ある」「ない」有料老人ホームは何がちがう?

一時入居金が「ある」「ない」有料老人ホームは何がちがう?

 

Q:妻と有料老人ホームへの入居を検討中です。
気になったのですが、一時入居金がない有料老人ホームって一時金がある老人ホームと(しかもかなり高額)何が違うんでしょうか?

A:一時入居金についてはそれぞれの有料老人ホームによって扱い方が違いますが、一時金がない老人ホームでも、結局は毎月の費用が高く設定されている場合があります。

 

もしくは、非常に豪華な老人ホームかどうかで、一時入居金の金額が変わってくる場合もあります。

 

特別なサービスが用意されている有料老人ホームであればかなり高額な費用が請求されます。

 

退去する時に変換することを想定して高額な金額を設定している場合もあります。

 

入居するだけでこれだけの金額が必要になるのかと驚いてしまう人も多いのですが、低価格の有料老人ホームや一時入居金が設定されていない老人ホームもあります。

 

 

・安いからといって質が悪いわけではない

 

入居金があるのか無いのかによって質が変わるのではないかという意見もありますが、安い有料老人ホームだからといって必ずしもサービスの質が悪いわけではありません。

 

入居金や毎月の費用は安いものの、とても温かみのあるサービスを提供している有料老人ホームもありますから、色々な情報を集めてみることが大切です。

 

 

・あまりにも高い入居金はしっかりと考えてから払う

 

とにかく老人ホームに入居したいとか、預けたいという気持ちから、あまりにも高い入居金を支払ってしまう場合もあります。

 

しかし、毎月いろいろな費用がかかるわけですから、あまりにも高い金額を一気に払ってしまうということにはリスクが伴います。

 

予めどれぐらいの金額であれば支払うことが可能で、その後家族にも負担をかけないで済むかということを考えておきましょう。

 

入居しなければいけない時になって慌てて決定するよりも、前もって情報を収集しておくのが賢明です。

 

平均的な入居金は500万円前後といわれていますが、それぐらいの金額を余裕を持って払うことができるのか考えておくことが大切です。

 

インターネットの情報だけではなくて、ケアマネジャーや行政関係の人に評判の良い老人ホームについて質問しておくこともできるでしょう。

 

金額で全てが決まるわけではないので、どのようなスタッフが働いているのかということをあらかじめチェックしておくと、安心した老後を過ごすことが可能になります。