夫婦で特別養護老人ホームに入居するのは可能?

夫婦で特別養護老人ホームに入居するのは可能?

夫婦で入れる介護施設一覧へ

 

夫婦で特養に入る
Q:夫婦で老人ホームを探していますが、特別養護老人ホームって夫婦で入れる空きはないんでしょうか?数年待ちといわれていますが早く入る方法はありませんか?

 

A:高齢化が進んでいますので特別養護老人ホームの空きがない場合が大半となり非常に難しいと言えます。
原則特別養護老人ホームはお一人でも入居が難しく、夫婦同時となるとなかなか難しいと言えます。
一部の特別養護老人ホームでは二人部屋もあるそうですが、なかなか空きがないと言われています。

 

地域によっては数百人以上が待機している場合も多いのですが、なるべく早くしたいと考えるのは当然のことです。

 

確かに数年待ちと言われていますが、必要に応じて順番が早くなる可能性もあります。
確実に早く入る方法というのは存在しませんが、介護度が高くなって緊急性が高いと判断されたら、数年待たなくても入居することができるかもしれません。

 

 

・申込書にしっかりと情報を記入する

 

特別養護老人ホームに入居するためには、申込書に記入しなければいけませんが、ケアマネージャーや他の人に任せてしまうのではなくて、しっかりと家族が現状を詳細に記すようにしましょう。

 

どれぐらい必要に迫られているのかということをしっかりと記入する事によって、緊急性が高いと判断される場合があります。

 

 

・絶対的な方法はないので、代替案も検討

 

特別養護老人ホームに確実に入れる方法は存在しませんから、金銭的な問題がないのであれば有料老人ホームに入居しながら順番待ちをすることが可能です。
その際にも、しっかりとした情報を得ておかないと質の悪い老人ホームに入居したり、高額な料金を取られてしまう場合があります。

 

在宅介護ができない状況になってしまったのであれば、すぐに何らかの方法を考えなければいけませんが、ホームヘルパーの制度などを利用しながら、負担を軽くしていくことも可能です。

 

ショートステイやデイサービスなどを利用するなら、特別養護老人ホームに入れなかったとしても介護者を少し楽にすることができます。

 

順番待ちがあるのは現実で、なかなか難しく感じることも多いと思いますが、有料老人ホームや在宅介護での介護保険サービスなどを活用しながら、入居を待ちましょう。

 

行政が独自にサービスを行っている場合もありますから、在宅生活も無理だと諦めるのではなくて、様々なフォーマルサービスやインフォーマルサービスを活用して、老後の生活をサポートしてあげたいものです。

 

夫婦で入れる介護施設一覧へ